woman walking on pathway during daytime

早起きしたい!!から実際に早起きになる為のコツ。

woman walking on pathway during daytime

早起きしたくても、起きれない。

これは、早起きしたい人けどできない人の意見。

眠いですよね。布団は気持ちいいし。

 

という事で、早起き実践者の僕が、

そのコツを紹介しようと思います。早起きできるようになるコツです。

早起きをしたい。から早起きになるまで。

 

grayscale photo of sleeping woman lying on bed

それは早寝の習慣を身につけること。

これですねぇ。

その他にも、コツはありますが、

でもまずは早寝。

早寝早起き。

これに尽きます。

ショートスリーパーの方は少し違うとかもしれませんが、

我が家の場合は早寝で、早起きしています。

 

 

僕も起きれない時があったんです。10代20代は特にそうでしたが、起きようと思っても、起きれませんでした。無理に起きていた時もありますが、やっぱり眠いんです。

 

そういう無理は続きませんね。実際に続けられなかった20代でした。

 

早起きをしようと思って寝ても、起きれない。

朝が来ると起きれない。

布団から出れないという状態より、「やっぱりあー気持ちよかった」そうやって感じながら起きたいけど起きれないなーという事が続く時がありました。

 

眠たいけど早起きをしようと取り組んでいた時。

 

20代後半はヨガの練習を仕事行く前にしたくて、早起きを実践。

 

これがなかなか、眠いんです。しばらくは続くのですが、どっかで気を抜くと早起きに戻す事が、苦労してしまうという事を繰り返してしました。

20代前半で、専門学校に通っている時は毎日眠かった覚えがあります。よく電車で寝ていましたよ。

基本的には朝方の生活なので、8時までには起きてしまいますが、ワーキングホリデーに行っていた時や、20歳21歳の頃の仕事で夜勤の時、学校や朝から始まる仕事をしていない時は、生活リズムが夜型になってしまいがでした。

 

そういう時の思考回路はこんな感じ

早起き挑戦したい。

朝が来る、眠い。

用事があると起きるけど、布団が気持ちよくて起きれない。

起きれても、3日坊主。

 

いつもこれを繰り返してしまっていた。

そこで、どうしたら気持ちよく起きれるのか?という風に考える事にしたんです。

理由はこれ

早起きしたいけど眠いから、

スッキリ早起きをしたくて。

 

 

 

PR

生活リズムの見直しのポイント

 

dog sitting in front of book

 

生活のリズムを見直し、睡眠をしっかり取れる

早寝に変更。

 

 

それを実行するのはなかなか難しい。簡単に見直し実践できる人もいると思いますが、ほとんどの人はそう簡単にはいきません。

 

 

僕の場合を参考に考えてみます。

 

まず早寝する事が難しくなる理由を挙げてみる。(自分の場合)

  1. ケータイやパソコンを触っていて寝るのが遅くなってしまう。これは一番あるパターン
  2. 夜お出かけをしている。これは楽しいので、ついつい飲みに行ってしまったり、遅くまで趣味に没頭している時。
  3. 寝室に行くのが遅い。

 

大体これでした。

という事で、これをクリアしていく事が大切なポイントとなります。

 

今、実際に我が家では、こんな感じで変えてみています。

 

1)ケータイを触って寝るのが遅くなる

 

寝る時、寝室にケータイを置かず、電源を消して寝ている。

 

2)お出かけをしている

 

時々は、遅くなることもありますが、基本的に夜外に行くことはありません。

 

3)寝室に行く時間が遅い

 

これはすごく大切にしています。寝室に行く時間を逆算して夕飯を食べるという事が必要。はじめは、いつもなら寝室に行かない時間に行くし、夕飯も早くなるので少し違和感を感じますが、我が家は子どもがいるので、子どもの寝かせで慣れてしまって子どもが寝る時間に、できるだけ寝るようにしています。

 

 

まとめ

 

早起きしたい!そういう時は早く寝る。

これに尽きます。

早く寝る用意をするという事が大切。

寝やすいように用意して、寝室も自分の生活リズムも変えていく事です。

体質改善リトリート製作中↓

 

気持ちよく寝れる麻のシーツはこちらから↓

 

可能な限りサスティナブルな暮らしを。