brown lion in close up photography

【安眠グッズ】おねしょシーツよりコレ!寝汗対策にも、安眠対策にもウールのベッドマットが超優秀なはなし

brown lion in close up photography

おねしょシーツよりコレ!寝汗対策にも、安眠対策にもウールのベッドマットが超優秀。

涼しくなってくると

暖かい寝床が欲しくなりますよね。

 

素材バカ
鶯茶房ライフジャーナル、もみじ(@jun_momiji)です。

 

夏場の寝具にはヘンプやリネンがサラッとするのでおすすめですが

これら麻素材は実は冬でも快適なものです。

それと同様に

ウールもまた、秋冬に限らず夏場もオススメできる素材です。

そして、

汗かきで寝汗がすごい

子どもがおねしょして臭いが気になる

そんな悩みを吹き飛ばしてくれるのも、ウールです。

上記のようなお悩みがなくとも、寝床を快適な温度と湿度に保ってくれる。

そんな優秀素材です。

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます!


 

子どもが小さいと悩ませされる「おねしょ」の対処を楽にしてくれるのはウールです。

person lying on white mattress

我が家の2人はあまり「おねしょ」をすることはありませんでしたが、

だからって油断しているからこそ

たまにのおねしょに頭を抱えます…

また、布おむつ育児をしていても、流石に寝るときは漏れるので紙おむつを使う方も多いかと思います。

しかし、寝ている時間って結構長いもので

私は意地でも布おむつで貫き通しました。

今回もそのつもりです。

 

そこでスペシャル助っ人なのが、ウールマット。

 

おねしょも、寝汗も「天日干し」で臭わない

green-grass fields and brown soil

羊の毛は羊の皮膚が変形したものであるため、菌の侵入を防ぎ、それを無害化する免疫機能を持っています。

私たち人間の皮膚もまた、外敵(ウイルス等)から守るためにあるものです。

おねしょされたら、太陽に当てて消毒すればいい。

ウール100%のおむつカバーで実感済みです。

こっちで生活しているとウール100%のベットマットはどうもがいても手に入らないので

過去、インド/ネパールで手に入れて愛用していたウールの大判ショールのボロくなったものを、

シーツの下に入れて使っていました。

これで本当に、嫌な臭いが残ったことはありません。

汗をかいても、同じこと。

ウールといえば日本ではクリーニングに出すのが常識かも知れませんが、

インド/ネパールの人たちは太陽光で済ませます。

だって

それが一番の殺菌になるのです。

クリーニングでは、何が使われているのかご存知でしょうか?

 

ウールは自然の抗菌繊維。だから臭わない。

ウールは自然の抗菌繊維と呼ばれ、細菌に対する抗菌や消臭効果(悪臭を分解する性質)を持っていて臭いが出にくいと言われています。

人間の皮膚同様だと考えれば、なんとなく納得がいきますよね。

私たち人間の皮膚に汚れがついても、皮脂でカバーされているので汚れは落ちやすく、そこから臭いが出ることはありません。

 

夏は適温を保ち、冬は暖めてくれる素材

羊の体温調整に一躍買う羊毛ですので、温度調整はお手の物。

外気が暑ければ適度に湿気を逃して快適にしてくれて

寒ければ熱を逃さないように保温してくれます。

ウールといえば秋冬!

なイメージはモコモコしているからでしょうか?

私たちは常夏カンボジア生活ですが、寝るときに身体を包むのは

タオルケットではなく、

インドの山の方で買ってきた、

ヤクウールの大判ショールです。

 

 

ヤクウールについて、詳しくはこちらをご覧ください☟

あわせて読みたい

【YAK ヤクウール】- 自然素材マニアが語る、天空の牛ヤクのウールが持つ魅力これからもっと需要が高まり、大手が手を出し始め価格高騰が目に見えている高級繊維、ヤク。私たちはネパール、インドのヒマラヤ地域でヤクウー[…]

brown ox

 

ポイントは、ウール100%であること

ウール100%であること、コレは非常に大切です。

あ、安い!

そう思ってみてみると、大概はポリエステルやアクリルが混ざっています。

安価に済ませたければそれでもいいかも知れません

でも

『化繊は水分を吸収しないので雑菌の巣ができやすい』

を踏まえるとどうでしょう?

せっかくのウールの力が半減してしまいそうな

そんな気がしてなりません。

 

おすすめのウールマットはこちら

ベッドマットとして販売されているものは、中綿ウール100%で外側の生地はコットン製またはコットン&ポリエステルなどです。側生地がコットンなので洗う必要がありますが、家庭で簡単にお洗濯できるものが大半です。以下で紹介するものも、家庭で簡単にお手入れが可能な商品で、側生地はコットン100%のもののみ、ですので参考にしていただければ幸いです。

 

☝︎click & look☝︎

こちら楽天で購入できるウールベットパットです。

口コミも高評価

サイズ展開も非常に豊富です。

ウールはフランス製(ウールはミュールジングと呼ばれる羊の鼠蹊部カットが問題視されています。その多くはオーストラリアで行われており、ニュージーランドでは禁止されています。フランス製は分かりませんが、オーストラリア産ではないので比較的安心かと思われます)


 

 

販売開始から3年でシリーズ累計販売数10000枚を突破した洗えるベッドパッド(最もリーズナブル)

Amazon、楽天、Yahooどこでも購入可能です。上記で紹介したものよりサイズ展開が少なめですがシングルからキングまで各種ロングサイズも揃っています。こちらも家庭でお洗濯可能。


 

珍しくエコテックス認証を取っているフランス産ウールのベッドパッドです。

こちらもAmazon、楽天、Yahooどこでも購入可能です。
エコテックスは繊維に有害な化学物質が含まれていない事を証明するもので、こちらのベッドパッドは最も厳しいエコテックスクラス1を取得しています。



おねしょ対策へはウールの毛布を活用するのがオススメ。おねしょしをしたら、洗わずに天日干ししてください。赤ちゃんならハーフサイズでOK、大きくなってきたら大きめ毛布を二つ折りにして。

Thanks for Reading!
Be Healthy💐
☟ 気に入ったらシェアしてね♪ ☟