green leafed plant at daytime

初心者向けはプランター菜園。家庭で野菜を育ててみたい初心者さん向け

green leafed plant at daytime

 

こんにちは、ぜんさん(@Zensan2020)です。

 

菜園は持ってないけど、プランター菜園に挑戦してみたいなーって思ったことありませんか?

初心者だけど何か野菜を育ててみたいという方におすすめしている

プランター菜園。

プランター菜園について、

どう始めたらいいの?

どんな野菜が始めやすい?

そんな方むけの記事です。

 

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつもサポートありがとうございます!

 

 

初心者向けはプランター菜園。家庭で野菜を育ててみたい初心者さん向け。

 

person sitting on stair

プランター菜園がなぜおすすめなのか?

というと、小さいく始められるのと、家庭の庭先やベランダで始めらるからです。

 

 

菜園ができる庭を持っている方や、

場所を確保できる方はもう菜園に挑戦していると思いますが、

めんどくさくなった、手間がかかると事もあると思います。

 

 

 

そんな方にもプランターをおすすめしています。

プランターと言っても、色々な大きさがありますし、野菜も様々。

 

 

季節でもまく種は違います。

全く初心者の方には何から始めたらいいか分からないことでしょう。

 

 

ということで、

まず必要なものは。

  1. プランター
  2. 場所

その5つで基本はOK。

 

必要なものの解説

PR

種。

種はお好きなものを植えて育ててみるのがいいとは思いますが、

どうせなら失敗しないで収穫までしたいですよね。

それには、種の植える時期が大切です。

 

 

気にしなくても実がついたり収穫できるものもありますが、

基本的日本はには四季がありますので

四季に合った種植えが基本になります。

 

 

最近は気候変動で、少し四季が違いますが、冷暖で種により植える時期が違います。

 

 

夏野菜、冬野菜は時期を間違えると、育てるの難しくなりますので要注意。

 

 

だいたい種を購入した際に、種のパッケージに

いつごろ植えてね。

と親切に書いてあります。

 

 

 

 

個人的なおすすめはハーブ。

まずはハーブからいきましょう。

ハーブは比較的虫がつきにくく、育てやすい。(虫がつく場合もあります。)

 

 

土は市販の園芸品のものを使いましょう。

 

 

知り合いの人が畑をやっているとかで、土が手にはいるなら問題ないですが、

園芸用の土が、出回っているのでそちらが便利。

 

 

殺菌されていたり、バランスよく栄養素が入っています。

病気になりにくかったり、成長に必要なものが入っています。

土はたくさんの微生物が生存しているので、野菜に良い小さな生き物がたくさんいる方が良いのです。

 

 

 

よくない微生物もいますのです、市販品をおすすめしています。

ご自身で作られていたりしたら問題ないと思いますが、

なかなか作っている人も少ないと思います。

 

 

 

 

 

手動コンポストの我が家ですが

コンポストはどういう形のものであれ、あると助かります。いやいや、必需品の一つです。

ということでコンポスト欲しい方は、こんなのもありですね。

家庭用コンポストを考えている人におすすめ。実際にバカ売れしている商品です。

今すごい人気の、無臭で生ゴミを土に変えてくれる新しい家庭用の電気製品はこちら

これで野菜作れるなら最高です。

 

 

PR

プランター

プランターは植えたい野菜によって、選びましょう。

 

まず初心者は小さめプランター(深さ10から15センチで足ります。)

や鉢で育てるハーブが個人的におすすめですが、

実際は人参やらトマト、そういった実になるものがいいですよね。

 

 

そういう野菜は少し大きめのプランターがおすすめ。

30から40センチほど深さがあるといいと思います。

質感や色も考えて、家の観葉植物にもなりますので、プランター選びも楽しいです。

 

 

おすすめはアースカラー。

レンガの色や陶器っぽいのは素敵です。

 

 

場所。。

場所は風通しが良く、日の当たるところ。

 

野菜によっては日に当たりすぎると良くないものもあります。

そのような種類や、暑すぎる夏は日陰に移動させたり、

日陰を作ったりする必要がある場合があります。

 

 

それは、野菜をみていたらわかると思いますが、

少しシナって元気がなくなってきたりしますので、

夏場は特に注意が必要。

 

 

基本的には、植物は日光が必要なので、日光が当たるところが最適。

 

 

水と栄養

水は毎日あげましょう。

水は大切です。

これは基本中の基本なので、毎日あげましょう。

 

 

栄養はボカシという肥料がおすすめ。

ボカシは穀物の粉を発酵させたもので、酒粕やおからといったようなものを発酵させたものです。

これも市販で売っていますし、家庭でも作れます。

 

 

園芸屋さんには液肥も売っています。野菜の栄養ドリンクみたいなものですね。

 

 

 

 

という感じです。

 

では次は、なぜプランターをおすすめしているのか?

 

 

プランターを始めた理由

three green leaf potted vegetables

前は畑や菜園をおすすめしていました。

ですが、うまくいかないことが多かったのです。

 

 

カンボジア事情で隣の家の、鶏が絶対荒らしてまいます。

そして、海に近いので塩っけがある土なのと(ココナッツやカシューナッツはよく育つみたい)

 

 

 

乾季は本当に雨が少なく、水を上げるとアリがそこに巣を作ってしまい、

根がやられるのと、雨季に雨が多すぎて冠水してしまいます。

今年もナスとオクラが雨で枯れてしまいました。

 

 

 

 

ということで、移動ができる、小さくできる、というのでプランター菜園を少しづつ始めてみました。

それが結構いいのでプランターをおすすめしています。

もちろん時間や場所があるなら菜園をしたいし、おすすめしています。

 

 

 

結構なんでも育ちます。

2020年、今年育てたものは

パクチー

バジル

オクラ

ナス

青菜

インゲン

ラディッシュ

きゅうり 

チリ

少ないですが少しづつプランターで育てています。

 

 

特にオクラとハーブが簡単に育ちました。

オクラの場合はそんなに手入れをしなくても、結構大丈夫。

他の野菜も基本的に放置で、ある程度できてきます。

 

 

 

プランターは移動ができるので、カンボジアの暑すぎる日は、日陰に移動しています。

これはプランターのありがたいところ。

個人的な意見ですが、菜園をでっかくやっちゃうと忙しい人には、手数が多すぎますね。

 

 

 

実は畑しごとが一番やったことある仕事ですが、

畑仕事一本だといいのですが、他の仕事と少し野菜作りだと、プランターがいいかなっていうのが、僕の意見。

 

 

 

今まで育てたことある野菜は

  • トマト,オクラ,スイカ ,きゅうり ,ナス, ピーマン ,青菜 ,サツマイモ ,ジャガイ芋 ,イチゴ, 里芋 ,キャベツ ,インゲン ,人参

などなど、、、

 

 

 

畑は土地が必要ですが、プランターは小さいできるところ、引越しできるところが魅了ですね。

都会暮らしでもできますし、ベランダがない家でも、

ハーブなら育てられるのではないでしょうか?

 

 

野菜やハーブを収穫する喜びがあることがメリット

boy in blue and white checkered button up shirt holding green plant

自家菜園から食材を調達するとすごい豊かな気分になる。

もともと土地は人間だけものものでもないし、太陽も人間だけのものではありません。

 

土に種を植える。

目が出る

成長して実つき

収穫できる。

 

 

これはすごい豊かな地球の恵みです。

 

それを毎日、買って食べるのが当たり前の生活をしているとやっぱり、

自家栽培の野菜は嬉しいですよ。

 

人間社会でなく地球上で生きてるなーって

僕は感じます。不思議な安心感。

そこが精神的にも、とても恵のある事だと思います。

そこがとても利点な植物の栽培と収穫。

 

余分に作って人に分けると、あー人間社会も豊かだなーってなります。

 

 

気をつけておきたいこと。

虫がわく。

使い終わった土を使うと、病気になりやすい。

そこがデメリット。

(デメリットと感じない人もいます。)

 

デメリットと言っても当たり前のことなので、人間が対応するしかありません。

虫の対応は、たくさんネットで検索すれば出てきます。

基本的には手で取り除いてあげたら大丈夫です。

増えてきたら、有機の防除をしよう。

防除とは農薬を撒くということですが、

ケミカルで体に入ると悪いものもありますが、手作り農薬というのがありますのでそちらがおすすめ。、

 

 

初心者さんにもおすすめのポールポテト

タワー型のプランター。

インテリアなどの見た目も考えてるくられているので、家がお洒落になりますね。

個人的なおすすめな利点は。

実が取れるし、土も回収してもらえる。
使い終わったプランターが、他の野菜にも使える。

話題のプランターセットのポールポテトはこちら

 

 

 

まとめ

プランターがおすすめな理由

 

小さな空間でできる。

自宅で野菜やハーブが収穫できる。

引越しできる。

必要なもの

  1. プランター
  2. 場所

 

植える時期が大切。

 

デメリットは

虫がつく場合がある

 

一番のメリットは植物やハーブを収穫できる喜びがあるというところ。

 

では楽しんで園芸をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for Reading!

☟ 気に入ったらシェアしてね♪ ☟

無臭で生ゴミを土に変えてくれる画期的な生ゴミ処理機
省エネ、静か、匂わない、コンパクト

面倒な生ゴミ処理の手間が省けます。