person holding dried beans

【コーヒーを減らす】コーヒー中毒から抜け出すにはカカオの力が有力であるというお話。

  • 2021年1月15日
  • 2022年1月5日
  • DRINK, HEALTH
  • 2516回
  • 0件

brown coffee beans beside white ceramic mug

コーヒー中毒から抜け出すにはカカオの力が有力である。

 

健康意識はわりと高め、と思いますが

コーヒー大好き、

 

コーヒーラバー
鶯茶房ライフジャーナル、もみじ(@Jun−Momiji)です。

 

私はコーヒーに対して、悪いとは思っていません。

飲み過ぎにならなければ全く問題ないと思っていますが、

玄米菜食、添加物抜き、砂糖抜き、グルテンフリー、ガゼインフリー、

長年どれを試しても改善しない肌荒れ。

ということで思い切ってコーヒー減らすことに挑戦し、

以前は毎朝かかさず一杯のコーヒー派でしたが、

現在かなりカフェイン摂取量は減りました。

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつもサポートありがとうございます!


 

こんな人にオススメ

black bottle beside white ceramic mug on brown wooden table
  • コーヒーが好き
  • コーヒーがやめられない
  • カフェインに疑問を感じる
  • カフェインを減らしたい
  • でもやっぱコーヒーが好き!

コーヒーとチョコレートって相性がいいですよね、大好きです。

そしてどこか似た要素を感じませんか?

この記事では、毎日コーヒーから徐々にステップを踏み、

カカオの力を借りて、

”ごくたまに”のコーヒーへシフトチェンジを促す方法を提案していきます。

 

 

 

 

カフェインは悪者?

coffee beans on white ceramic mug beside stainless steel spoon

カフェインは、

とにかく内臓に負担がかかります

 

  • ストレス
  • 肌荒れ
  • 疲れやすい
  • 眠れない
  • 頭痛
  • 高血圧

など、カフェインをやめると改善されると言います。

しかし適度なカフェインは身体に良いとも言われていますね。

そんなわけで、

 

「適量を守って楽しむ分には良い」というのが私の見解です。

 

コーヒーとココアとカカオのカフェイン量比較

gold and silver round frame magnifying glass

コーヒーはカフェイン含有量が多くて知られています。

チョコレートにもカフェインが含まれていることもご存知かと思います。

非加熱であればカフェインの発生は抑える事ができると言うカカオ。

よって妊婦さんや子どもでも比較的安心して食べる事ができます。

その量何とコーヒーの20分の一だとか。

 

カカオの豊富な栄養価

 

「神様の食べ物」という名の「カカオ」

その名の通り、栄養価も豊富です。

 

  • マグネシウム
  • 抗酸化
  • 食物繊維
  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 良質でヘルシーな脂肪
  • 血圧を下げる
  • アンチエイジング
  • 幸福感/高揚感をもたらす
brown and black stones on black surface

いいことづくしです。

カカオ豆28g(28粒)に

⭐️食物繊維9%

⭐️鉄分1日の必要量の10%

そして、日本人の9割が欠乏していると言われる

⭐️マグネシウムがカカオ100gに約500mgも含まれているのです。

加えて、サプリよりも吸収が良いとされています。

マグネシウムは砂糖を摂ると奪われていきますので、

摂取時の組み合わせは、注意が必要ですね。

 

カカオドリンクでコーヒーを減らす

person holding dried beans

コーヒーが大好きな人は、いきなりカフェインゼロというのも、なかなか難しいものです。

そこでオススメしたいのが⭐️ローカカオ

チョコレートの香りがコーヒー欲求を満たしてくれます。

先ほども述べましたが、カカオはその量何とコーヒーの20分の一だとか。

お好みのミルクにローカカオパウダーを混ぜてラテにして頂く。

カカオのリッチな味わいと、優しいカフェイン含有量でかなり満足感が得られます。

何よりコーヒーよりも栄養価が高いので身体にいいことたくさん。

加える甘味料は良質なものにしてくださいね。

 

 

カフェインフリー!?魅惑のカカオティー

カカオドリンクに慣れてきたら、カカオティーをオススメします。

これ、とてもオススメなんです。

ローカカオを飛ばしてカカオティーで十分な方も中にはいるでしょう。

カカオティー、ご存知でしょうか?

カカオティーとは?

カカオ豆の外皮をお茶にしたもの。

カカオ自体にカフェインは含まれますが、

 

この外皮の部分はカフェインフリー。

しかし香りはチョコレートやココアを思わせるもの。

なんとも魅力的な香りを放ちます。

そして嬉しいことに栄養価も同じだとか。

とても美味しく、癒し効果も抜群です。

コーヒー欲を抑えるのに、いい力を発揮してくれるのです。

まだまだ名の知れ渡っていないカカオティー、最近流行のBean to Barのチョコレートショップで飲めたりするようです。

本来は廃棄されてしまう外皮部分の有効活用という点も素敵な点ですね。

私も最近はコーヒー代わりにちょこちょこと飲んでいます。

⚠️カカオニブからできたカカオティーはカフェインを含みますのでお間違えなく。

オススメのローカカオドリンクのレシピ

・ヘンプカカオ

ヘンプシード大2、水200ml、ローカカオパウダー小2、お好みの自然甘味料

・ココナッツカカオ

ココナッツミルク200ml、ローカカオパウダー小2、お好みの自然甘味料

・アーモンドカカオ

アーモンドミルク200ml、ローカカオパウダー小2、お好みの自然甘味料

 

オススメのカカオティーとアレンジ法

アレンジせずにそのままでもとっても美味しくいただけますが、こんな風に一味加えるのもオススメです。

・オレンジスライスを入れる

・お好みのハーブとブレンド

・お好みのスパイスとブレンド

 

●オーガニックカカオティー
メキシコ産、オーガニックカカオティーです。
カフェイン断ちに無縁な方にもオススメしたいお茶。
甘いチョコレートのような香りで癒し効果絶大です。

 


●タンザニア産オーガニックカカオ豆

この豆の薄皮がカカオティーになります。
皮を剥いた豆はそのまま食べられます。これがまた美味しいのです。

お酒のおつまみ、大人のおやつに。

種を除いたデーツに挟めば大人のビターチョコレートの出来上がり。
砕いてチョコレート作りにも。

ハイパワーブレンダーが無いとチョコレート作りをするのはちょっと時間がかかって大変ですが、もしお持ちであるのなら、作らないと損ですよ。

豆から作るチョコレートなら、カカオバターも必要ありません。

 


●カカオ、シナモンスパイスティー
カカオティーにスパイスが入ったもの。
ミルクを足してチャイ風にして飲むのも美味しそうです。
原材料:有機カカオ殻、有機シナモン、有機甘草、有機生姜、香料、黒コショウ、有機クローブ、有機カルダモン

 


●オーガニックローカカオパウダー


●ペルー産オーガニックローカカオパウダー


以上、カカオの力でコーヒーを減らす提案でした。
カカオティー、もっと広まればと思います。
来客時におもてなしするのも、面白い反応が返ってきますよ。
それでもコーヒーはたまに楽しみたい!
そんな方は、こちらに訪れてみてください。
フィルターを替えれば、コーヒーが変わります。
あわせて読みたい

カカオは危険?!カカオのカフェイン問題と健康効果、子どもでも妊婦さんでも比較的安心なのはローチョコレート。健康効果が高いと言われるカカオ。アンチエイジングにダイエットに、嬉しい効果ばかりが取り上げられていますが、実際のところどう[…]


Thanks for Reading!
Be Healthy💐
☟ 気に入ったらシェアしてね♪ ☟

Bean to Bar
👇カカオときび砂糖のだけで作られたチョコレート👇
甘くないチョコレート、初めて食べた!
美味しい!という感想をいただいております。
バレンタインに、自分へのご褒美に。