green plant

食卓にヘンプを取り入れよ。宇宙食に選ばれるほどの優秀食材ヘンプ。

woman in black tank top standing beside green plant

 

食卓にヘンプを取り入れよ。宇宙食に選ばれるほどの優秀食材ヘンプ。

 

普段の食卓の栄養バランスはどうですか?

現代の食品は昔ほど栄養価がないと言われています。

遺伝子組み換え、農薬、添加物、人類が進化するにつれ、食べ物の栄養価は衰退しています。

特に日本は農薬大国、表記も曖昧。国産品はきちんと調べなければ、安心できるとは言えません。

 

鶯茶房ライフジャーナルJunこと、もみじ(@Jun−Momiji)です。

 

今回は我が家の食卓にもほぼ毎日上がる、日本人と深い関係のヘンプのお話。

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつもサポートありがとうございます!


 

☝️こんな方にオススメ。

  • 日々の食卓をバランス良くしたい。
  • 効率よく栄養素を摂取したい。
  • ミニマルな食卓が理想。
  • 栄養バランスを考えるのが面倒
  • マグネシウムなどミネラルが気になる

 

 

PR

ヘンプを取り入れることにより、普段の食卓のバランスを整える事が可能です。

five black rocks

数あるスーパーフードの中でも完全食と呼ばれるほど、栄養バランスが優れているヘンプ。

 

そのバランスの良さは、宇宙食に選ばれるほど!!

何せ、基礎代謝2200kcalに対して占める割合が、

鉄 72%
銅 67%
マグネシウム 60%

なのです。これはすごいことだと思いませんか?

 

では、ヘンプの栄養素を詳しく見ていきます。

 

タンパク質がお肉の3倍!(ヘンププロテインパウダーの場合)

ヘンプはタンパク質が豊富です。そして珍しく、生でとることのできるタンパク質。タンパク質は主に、肉、魚、豆類などに含まれているため、基本的に加熱が必要です。そんな中、ヘンプは生で食べられる非常に珍しいタンパク源ローフーディストにも嬉しいタンパク源です。

タンパク質は、三大栄養素の一つで免疫力向上にも不可欠な栄養素です。

肉を食べないと筋肉がつかないという概念は、もう捨てましょう。現代人は動物性タンパク質の取りすぎです。

植物性タンパク質といえば畑の肉と呼ばれる大豆、しかし大豆には消化を抑制する物質が??対するヘンプは非常に消化にいいとされていてヘンプに含まれるタンパク質の成分は病に対する抗体の原料と言われています。

関連記事

植物性プロテインの選び方。ソイプロテインは腸内を荒らす。玄米、ヘンプと発酵大豆で補給する。最近は動物性を減らす傾向にある方も、多いのではないでしょうか。我が家もお魚は食卓に上がっても、お肉が上がることはありません。私はこの東南ア[…]

 

PR

必須アミノ酸と、必須脂肪酸を含み、綺麗に痩せる。

ヘンプは9種の必須アミノ酸と、必須脂肪酸を含みます。ヘンプに含まれる必須アミノ酸は非常に吸収されやすく、必須脂肪酸は細胞の新陳代謝に欠かせない存在です。

 

食事制限のダイエットにより必須脂肪酸が不足すると新陳代謝が落ち、痩せにくい体になってしまうよ。

そんな中、ヘンプオイルに含まれる必須脂肪酸は動物性に比べ、体脂肪になりにくいと言われています。また、女性には嬉しいことにホルモンバランスも整えてくれる働きも。

 

鉄分がレバーの7倍!

ヘンプはたっぷりのミネラルを含有しています。鉄、銅、亜鉛、マグネシウムが豊富で、人間に必要なミネラルを全て含みます。鉄分の1日摂取目安は6〜7mg。ヘンプの鉄分含有量は20gに対し、

ヘンプシードナッツ 2.6mg
ヘンププロテインパウダー 4.9mg

ヘンプシードナッツ とヘンププロテインパウダーを20gずつ取れば間に合いましたね。

 

マグネシウムがダントツ豊富!

ヘンププロテインパウダーの場合は、

 

100gあたりなんと、750mgマグネシウムを含有!

1日に必要なマグネシウム摂取量は

30~49歳男性 370㎎
30~69歳女性 290㎎

と言われています。

 

わかりやすく20gに合わせると、

ヘンプシードナッツ 140mg
ヘンププロテインパウダー 190mg

20gで合わせて330mgに達します。1日の摂取量を満たせました。

マグネシウムは食物繊維と相まって、便秘改善には不可欠な栄養素です。マグネシウムは便の水分を調整し、体外に排出しやすいようにしてくれます。また、皮膚疾患には肌から直接の摂取が良いと言うことで、その場合はヘンプシードオイルの経皮摂取がオススメです。

 

関連記事

ヘンプオイルは特別なオイル。ヘンプオイルが肌にもたらすCBDの効果とは。今や溢れる食用オイルの種類。皆様、何オイルを常備してお使いですか?本当に必要なオイルはどれでしょう?究極を言ってしまうと、オイルも絞ったものからではなく、食物か[…]

 

亜鉛も豊富に含む

亜鉛の1日摂取目安は8〜10mg

ヘンプの亜鉛含有量は20gに対し、

ヘンプシードナッツ 1.2mg
ヘンププロテインパウダー 2.9g

20gというのは、1日の中で苦なく取り入れることのできる量です。合わせて4.1mg、1日摂取量の半分が取れました。ヘンプシードナッツの場合、もう少し取り入れることもそう難しいことではありません。亜鉛が豊富な食品は主に牛肉または貝類。植物性で豊富なのは大豆やピーナッツなど。植物性と比較すると、20gに対して

ピーナッツ 0.46mg
大豆 0.64mg
圧倒的にヘンプが優位ですね。ちなみに亜鉛が豊富といえば牡蠣ですが、牡蠣には100gあたり14.5mgの亜鉛が含まれています。はい、ヘンププロテインパウダー100gも同様に14.5mgの亜鉛を含みます。ヘンププロテインパウダーを1日に100g摂取するのは難しいけれど、すごいでしょ?

鉄と亜鉛に必須の銅も含む

貧血には鉄分が大切だと思われていますが、銅も併せて摂取する必要があります。実は血液を作るには同時に銅も必要です。鉄のみならず銅もないと赤血球を作れずに貧血になるのです。

また亜鉛と銅はバランスが非常に大切です。亜鉛が多すぎると銅が不足し、銅に偏ると亜鉛が不足します。亜鉛サプリをとっている方は、注意しないと銅不足に陥ることがあるので気をつけましょう。

関連記事

アーユルベーダの知恵、銅にはすごい殺菌力。クリスタルの力も借りて波動の高い水を作る。Twitterでいい浄水器の話、飛び交っているけどもうすでに浄水器つけているし、、、わざわざ買い換えるのはもったいないなぁ、なんて方もいるのではない[…]

 

オメガ3と6が理想のバランスに近い

 

少し前から話題のオメガ。

 

オメガとは?

 

オメガは、油を構成する脂肪酸の種類(系列)です。
不飽和脂肪酸のことをオメガ3、6、9として分類しています。

 

オメガ9は体内で作ることができます。オメガ3と6は体内で作れないからという理由で、必須脂肪酸と言われています。そしてオメガ摂取のためにメディアで取り上げられていたのはエゴマ/アマニ油。どちらも少しクセがあります。そして両者とも、オメガ3と6を含みますが、理想のバランスではありません。

ちなみにオメガの理想のバランスは4:1現代人は20:1になっているそう!ヘンプは3:1と、非常に理想のバランスに近い状態です。ヘンプシードオイルの場合、

 

なんと大さじ1、2杯で、オメガ3の1日摂取基準が満たせる!!

 

食物繊維がサツマイモの7倍!

ヘンプシードには不溶性食物繊維が豊富です。そのため便秘を解消し、腸内環境を整えます。戦前は「麻子仁丸」(マア レン ウァン/まじんがん)という名で、大麻の種子が主成分の便秘の漢方薬として販売されていたそうです。

そして食物繊維が豊富なものにはケイ素が多く含まれる要素が。ヘンプのケイ素含有量についてはっきりとした数値は見つけることができませんが、ヘンプは非常にケイ素が豊富な植物だと言われています。
関連記事

ヘンプはケイ素も含む。3つのヘンプ食品をバランスよく取り入れよう。[caption id="attachment_3551" align="aligncenter" width="1200"] 左から麻炭プロテイン、ヘンプシードナッツ […]

 

コレステロール、トランス脂肪酸がない!

世界的に見ればトランス脂肪酸は使用を禁止もしくは規制された危険な油です。

 

以前オススメの食用油の記事でも述べましたが、

トランス脂肪酸は欧米諸国では規制され、脳みそが硬くなる「狂った油」と呼ばれるほど。

 

そしてそれは加工食品の全てと言っていいほどに含まれています。

 

ヘンプシードオイルには、トランス脂肪酸に加え、コレステロールもヘンプには含まれていない!
我が家のおすすめ理想のオイルは、ヘンプ、オリーブ、ココナッツです。詳しくは☟
関連記事

  食用オイルのおすすめ4選。食にこだわる我が家のおすすめ。 口にするものは、出来る限り安全なものを選びたい我が家のおすすめ食用オイル。玄米菜食ベースの食事を心がけているため、動物性[…]

brown and black mushroom on black frying pan

 

母乳と同じ成分が末端冷え症にも効く。

ヘンプシードオイルはαリノレン酸とリノール酸をバランス良く含むだけでなく、非常に希少なオイルであるγ(ガンマ)リノレン酸を含んでいるのも特徴です。

γリノレン酸 (GLA)

免疫機能や血圧調整、アレルギー反応機能など生体調整機能に欠かせない生理活性物質の材料になる脂肪酸で、数少ない植物油にしか含まれておらず希少。母乳や月見草油などに含まれます。

引用:https://josei-bigaku.jp/hempseeds4486/

 

このGLAと呼ばれる成分が血液の循環をよくすることにより、冷え症改善効果が得られます。

 

ヘンプシードオイル についてもっと詳しく↓

関連記事

ヘンプオイルは特別なオイル。ヘンプオイルが肌にもたらすCBDの効果とは。今や溢れる食用オイルの種類。皆様、何オイルを常備してお使いですか?本当に必要なオイルはどれでしょう?究極を言ってしまうと、オイルも絞ったものからではなく、食物か[…]

日本人はヘンプと深い関係にある。

hay bale

縄文時代の古墳から、ヘンプ を食べていた痕跡が発見されています。日本は世界最古のヘンプの文化を持っているのです。

 

また、神道と深い関係にあります。

お釈迦様が悟りを開く前に、麻麦(まばく)の行と言って、麻の実と麦を食し、行を行い悟りを開いたと言われています。

 

昔は日本中に麻農家がありました。

その数、第二次世界大戦以前は沖縄含め2万世帯以上
生活用品
衣類
食品
麻製品
漢方薬

あらゆるところで使われていました。

ヘンプはからまで全て使える優秀植物なのです。今でも残る代表的なのが、「七味唐辛子」です。戦前は喘息の特効薬としても、インド大麻エキス/インド大麻煙草という名で販売されていたようです。

 

ネパールでも食べられている。

私たちは以前、ネパールに約2年、住んでいました。

そこでヘンプシードに出会ったのですが、市場で普通にヘンプシードがたーくさん売っているのです。非常に安価に購入する事ができ、気軽に食卓に取り入れられています。その栄養価の高さが見直され、今では富裕層に人気とのこと。ネパールでは主に、蒸したジャガイモに、すりつぶしてクリーミーになったヘンプシードを和えて食べます。これがとっても美味しい。

 

中国の長寿の村でも

ヘンプ産業が盛んな中国の山奥の村、そこは長寿で有名で、村人たちは日常的にヘンプを食しています。

 

まとめ

1日に、

 

大さじ3杯のヘンプシード
(鉄、亜鉛、マグネシウム等ミネラル摂取)
20g程のヘンププロテインパウダー
(ミネラル、タンパク質、食物繊維摂取)
大さじ1杯のヘンプシードオイル
(オメガ3摂取)

 

皮膚疾患の場合はヘンプシードオイルを直接塗る。

これで1日に必要なミネラル補給は完了。

必須脂肪酸も取れるということです。

どうですか?ヘンプを食卓に取り入れないわけにはいきませんね。

オススメのヘンプ製品の紹介です。

●ヘンプシードナッツ 。
ごまの代わりにどうぞ。気軽に取り入れやすい最もおすすめなヘンプ食品です。

 

●こちら500g入りでお徳、コスパ良しです。すぐに無くなるので最低でもこのくらいのサイズでの購入をお勧めします。普通に食べるもよし、ヘンプミルクにして使うもよし、ご飯にもスイーツにも使えます。

 

●有機ヘンプシードナッツ1kg
我が家はいつも1kgで購入します。上記の500g入りよりさらにお徳!毎日ご飯に振りかけて、スムージーに入れて、スイーツ作りに使って、スプーンですくってそのまま食べたり。美味しいので1kg あっても全く困りません。

 

●ヘンプシードオイル。
クセが少ないので取りやすいオイルです。またあらゆる皮膚疾患に、経皮摂取もオススメです。

 

●ヘンププロテインパウダー180g
ヘンプ の種子をパウダーにしたものです。
大豆のプロテインよりも味が良く、
効率よくプロテインを摂取したい方にオススメ。
スムージーや焼き物に混ぜたりしてご使用下さい。
マグネシウムたっぷり。

 

●ヘンププロテインパウダー500g、カナダ産。

 

●麻炭入りヘンププロテインパウダー420g

ヘンププロテインパウダーに麻炭がプラスされたプロテインによるボディメイクとと麻炭デトックスの相乗効果。

 

こんなものもあります。
●オーガニック玄米ヘンプ粥。
ヘンプと玄米の最強コンビネーションがお粥になりました。
断食後の回復食に、またこの玄米ヘンプ粥を一食に置き換えるダイエットにも。
温めるだけで簡単に食べられるのも魅力的。
【原材料】有機玄米、有機麻の実、塩

●ヘンプチャコールもオススメです。

ヘンプチャコールは備長炭の4倍竹炭の1.6倍もの多孔性質を持ちます。

麻炭は種上から炭にするまで一切の科学処理を必要としません。

👇画像クリックで公式ページへ👇
☝️麻炭があれば他の活性炭は無用です☝️


麻炭についてはもう、ご存知ですか?まだの方はこちらをどうぞ↓
関連記事

 麻炭の凄まじい解毒力。炭といえばなんでしょう?冷蔵庫の消臭や、ご飯に入れて炊くとふっくらと美味しく炊ける。お風呂に入れるとポカポカする。水がまろやかになる。そんなところでしょうか?私はその程度の知識でした[…]

closeup photo of cannabis plant
●ヘンプコーヒーフィルター
フィルターを替えれば、コーヒーが変わります。

洗って繰り返し何度でも使えるコーヒーフィルターです。

毎日使って1年経っても壊れません。(カフェの営業でも使っていました。)健康志向強めな我が家ですが、コーヒーは程々に楽しみたい派です。そんな我が家が使うフィルターはこちら。ヒマラヤの手つむぎ手織りでできたヘンプコーヒーフィルター。



お持ちのコーヒードリッパーの形に合わせて選んで下さいね。使い回しを考え、最低2枚からの購入をオススメします。

我が家はヘンプシードをほぼ毎日食べています。

どのように食べているかというと、基本は玄米の上にふりかけるだけ。ごまの代わりにヘンプシードを食べていると思っていただけると分かりやすいと思います。

 

また、我が家がカンボジアで経営していたプラントベースカフェでもそのように、玄米の上に振りかけて提供しています。良薬口に苦し、と言われますが、ヘンプの場合は美味しのが嬉しいところ。チョコレート作りの際に上に散らしたり、そのままスプーンですくって食べてしまうことも。

 

ヘンプシードオイルは食べるもよし、塗るもよし。

食用オイルとしても、エゴマやアマニに比べクセがない(人によってはヘンプの方がクセがあるという人も)ので非常に取り入れやすく、また肌に直接塗り込むのにも活用できます。頭皮のマッサージにも効果的。アトピーなどの皮膚疾患にも効果的です。最もバランスの良いオイルと言われ、γリノレン酸とαリノレン酸の両方を含む非常に珍しいオイル。真の理想はオイルはこれ一本にして、後はアボカドやナッツなど、食物から油分を直接摂取したいものです。

 

料理に使う場合は、加熱に弱いのでサラダや豆腐、納豆、炒め物の仕上げに。冷ました味噌汁にちょろっとかけて頂くのも乙なものです。私は玄米にヘンプシードとヘンプオイル、ちょっとの美味しい塩で食べるのが大好きです。保存は冷蔵庫でしましょう。

 

関連記事

ヘンプオイルは特別なオイル。ヘンプオイルが肌にもたらすCBDの効果とは。今や溢れる食用オイルの種類。皆様、何オイルを常備してお使いですか?本当に必要なオイルはどれでしょう?究極を言ってしまうと、オイルも絞ったものからではなく、食物か[…]

話題のCBDオイル

最近になり、耳にする事が多くなりました。

どんな効果があるのか、手っ取り早いので動画を貼り付けておきます。

彼はパーキンソン病を持っています。

CBDを摂取してまもなく、パーキンソン特有の体の硬直がなくなり非常にリラックスしています。

CBDオイルは、

  • うつ病
  • 不眠症
  • 不安障害
  • 統合失調症
  • 疼痛
  • 関節炎
  • てんかん
  • 嘔吐
  • 糖尿病
  • 認知症
  • 虚血性心疾患
  • 自閉症スペクトラム
  • 炎症性腸疾患
  • 多発性硬化症
  • 偏頭痛
  • 筋肉痛

 

などに非常に有益な効果が得られます。

生理前のPMSに悩まされている方にも効果があると言われています。

ホルモンバランスを整える為、更年期の悩みも和らげる効果が見られるようです。

 

アメリカではホルモンバランスの乱れに対する予防策として、CBDオイルが注目されています。

 

CBDが広まりつつある今、同時に危険性を示す情報も増えてきました。

何せ違法成分を含む植物から抽出されますから、そのような意見があってもおかしくありません。

しかし容量を守り、過剰摂取をしない限り、危険とは言えないと言っていいでしょう。

 

⚠️ヘンプオイルとCBDオイルは同じ植物から抽出されますが、まったく別物です。
ヘンプオイルにCBD同様の効果はありません。CBD成分は薬用と考えていただいていいと思います。

 

CBDは購入前に一度プロにご相談を

CBDは高価になる分、CBDカウンセリングを行なっているCBDキッチン(@KitchenCbd)さんに購入前に一度相談しましょう。お気軽にTwitterのDMで相談を受け付けています。またはメール(cbd_therapy@cbdkitchen.jp)でご相談を。自分の体調や悩みに合わせてベストな商品を紹介してもらうことが可能です。予約制で千葉の方では直接カウンセリング、勉強会、CBDワークショップ等も行なっているようです。お近くの方は是非、足を運んでみて下さい。

 

併せてこちらの記事もオススメです☟
関連記事

ヘンプの服は免疫力を高める。その辺で売っている「麻」はヘンプではないという事実[caption id="attachment_3610" align="aligncenter" width="636"] 元祖ヘンプ衣料GOHEMPのベー[…]

関連記事

植物性プロテインの選び方。ソイプロテインは腸内を荒らす。玄米、ヘンプと発酵大豆で補給する。最近は動物性を減らす傾向にある方も、多いのではないでしょうか。我が家もお魚は食卓に上がっても、お肉が上がることはありません。私はこの東南ア[…]


 

Thanks for Reading!
Be Healthy💐
☟ 気に入ったらシェアしてね♪ ☟