植物性プロテインの選び方。ソイプロテインは腸内を荒らす。玄米、ヘンプと発酵大豆で補給する。

植物性プロテインの選び方。ソイプロテインは腸内を荒らす。玄米、ヘンプと発酵大豆で補給する。

最近は動物性を減らす傾向にある方も、多いのではないでしょうか。我が家もお魚は食卓に上がっても、お肉が上がることはありません。私はこの東南アジアの市場で包み隠されることなく食肉として売られる鶏や豚を日常的に目の当たりにし、すっかり食べる気が失せてしまいました。お肉が欲しい場合は、外で済ませてもらうのが我が家スタイルです。ほとんど外食をしないので、それも楽しみに一つになるようです。

 

鶯茶房ライフジャーナルJunこともみじ(@jun-momiji)です。

 

我が家が辿ってきた食事スタイルは、

  • ベジタリアン
  • マクロビオティック
  • ヴィーガン

です。今現在はほぼ植物性の食事スタイルということで、プラントベースと名乗っています。我が家ではヴィーガンは過ぎ去った過去となりました。お魚もしくは海鮮が何かしら食卓に上がることがしばしば。卵もたまに登場します。

それでも基本は植物性なので、タンパク質は意識して摂取しています。菜食にすると今まで肉や魚から摂取していた三大栄養素の一つであるタンパク質が不足しがちになるので気をつけたいところ。ヴィーガン期を経て学んだ植物性タンパク質の摂取元、参考になれば幸いです。

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつもサポートありがとうございます!


玄米主食にヘンプと発酵大豆食品でタンパク質を補う。

植物性にすると、タンパク質はどうしていますか?と、何度か聞かれたことがあります。結論から言うと植物性で補うのなら、まずはスタンダードな日本食であるお米(理想は玄米)を主食にして、ヘンプをしっかりとり、発酵大豆食品を取り入れば不足することはそうないのではと考えます。白米に比べて玄米は1.12倍のタンパク質を含み、ヘンプは畑の肉と呼ばれる大豆と匹敵するほどのタンパク質を含有します。

しかし、畑の肉と呼ばれる大豆は、気をつけないと腸内を荒らす原因に。

 

なぜでしょう?

 

PR

ソイプロテインは腸内を荒らす。

yellow beans on white surface

大豆にはアレルギーの心配がある。そして遺伝子組み換えの可能性が高いのも難点。加えてトリプシン・インヒビターと呼ばれる消化を抑制する物質が含まれており、非発酵の大豆食品を取ることにより消化を阻害してしまいます。

これに関しては反対意見もちらほらと見受けられます。それでもなぜこの論を推奨するかと言うと、私自身に心当たりがあるから。

 

実際に私自体、非発酵の大豆食品を食べ過ぎるとお腹の調子が悪くなるのです。日本に帰り植物性で済ませようとするとどうしても、豆腐や厚揚げ、湯葉、豆乳、大豆ミートなどが多くなっていしまい、そこで毎度、お腹(腸)の調子がおかしくなるのです。

どのようにかと言うと、ガスが溜まったようにお腹がパンパンに張ってしまうのです。その不快感と言ったら、、、ですから、何も無理して植物性で補おうとしなくていいと思うのです。その頃の私はヴィーガンでした。

 

また、Twitterでは何度も発信していますが、海外では大豆食品を避ける人が多々見受けられます。なぜなら大半の人がこの大豆のデメリットを把握しているから。と言うのと実際に大豆アレルギーだったり、私のように非発酵の大豆食品でお腹の調子が悪くなる人が多いのです。味噌ですら、大豆よりもひよこ豆で作ったものの方が人気です。

 

ヘンプは消化吸収がいい。

woman wearing black panty

プロテインとして摂取するのなら、ヘンプをお勧めします。大豆と匹敵するほどのプロテインを含有し、大豆に含まれる消化抑制物質を持たず、非常に消化吸収が良いとされています。

ヘンプに含まれるタンパク質はグロブリン65%アルブミン35%、両者ともに非常に吸収されやすいタンパク質で、このグロブリンとアルブミンは⚠️病に対する抗体の原料でもあり他の植物性タンパク質にはない特徴と言われています。

ヘンププロテインパウダーにプラスして、ヘンプシードナッツを毎食取り入れることでいいタンパク質補充になります。しっかりと発芽させてじっくり炊いた玄米とヘンプシードナッツにちょっとの天然塩。相性は最高です。

「地球上に生息する植物300万種のうち、単体の植物で栄養学的に大麻草の種子に匹敵するものはない」

引用;大麻草と文明 P 88

 

麻の実に含まれるタンパク質は、動物性タンパク源である牛肉や魚、卵よりも多いのです。

 

PR

大豆は発酵すれば最高のタンパク源。

我が家の手前玄米味噌。玄米麹も自家製。

 

大豆のデメリットを解消するには、発芽もしくは発酵と言う手順が必要になりますが、発芽だけでは不十分で発酵させることが重要です。大豆の発酵食品といえば、

  • 味噌
  • 醤油
  • 納豆
  • テンペ

とありますが、気をつけたいのが市販の納豆や味噌、醤油。納豆は手作りすれば最低14時間はかかるものですが、技術の発達により数時間の発酵で納豆が作られていたりするそうです。それではしっかりと発酵しているとは言えず、大豆のデメリットを発酵により分解できているのかどうか不安なところです。おそらく分解されていないでしょう。安価なものは遺伝子組み換えの面も考えて、気をつけたいところ。味噌と醤油も同じです。

有機大豆
無添加

と書かれていて、安価なものは注意が必要です。有機でも遺伝子組み換えの可能性は大いにあり得ます。そして前述した通り、しっかりと発酵させていない可能性が高いです。

 

日本の「遺伝子組み換えでない」の表記、当てになりません。現在は5%以下の遺伝子組み換えが混入していても、「遺伝子組み換えでないの」表記が可能です。23年より不検出の場合のみ「遺伝子組み換えでない」の表記が可能になるようです。

非常に選ぶのが難しいですが、きちんと発酵させた大豆食品であれば、とても優秀なタンパク源です。植物性中心の食生活をするならば外せない食品と言えるでしょう。日本人ととても馴染みの深い食品ですしね。

 

☟本物の味噌はこちらで紹介しています☟

関連記事

鶯茶房’s choice米麹大豆塩純粋にこれらの原材料だけでできた、本物の味噌を紹介しています。出汁などが添加されたものは、その他にもたくさんの添加物が含まれているなんちゃって味噌に過ぎません。中でもお勧めは断然、玄米麹[…]

 

海外ではライスプロテインも主流

海外ヴィーガンの中ではライスプロテインがアレルギーの心配もなく、吸収もいいので人気です。しかし主食が米の日本人がわざわざお米をプロテインパウダーとして摂取する必要があるでしょうか?ちょっと疑問です。日々の食事をパン食ではなく、米食に変えたら済むことです。また、白米よりも玄米の方がタンパク質は豊富になるので、是非検討して下さい。

 

ホエイプロテインについて

植物性ではなくなりますが、飲んでいる方も多いのではないかと思うのでサラッと触れておきます。ホエイは牛乳が原料ですから、乳糖不耐症の方には腸に良い影響を与えません。そして日本人の80%は乳糖不耐症だと言います。8割りとなればほとんどの人です。ホエイプロテインを飲んでいてお腹の調子が優れない方は、恐らく乳糖不耐症ではないでしょうか。

しかしながらホエイは吸収率が非常にいいとされています。乳糖不耐症ではなくホエイを取り入れたいと考えている方は是非、質に目を向けてみましょう。

牛がどんな環境で育っているか
どんな餌を食べているか
添加物は入っていないか

これらを満たしている商品がありました。

まとめ

非発酵大豆は腸に優しいとは言えず、現実に海外ではあまり好まれません。そして私も非発酵大豆を一定量以上取るとお腹の調子が明らかに悪くなります。一定量がどの程度かはまだ把握できていませんが、それに気がついてからほとんど非発酵大豆食品を取らなくなりました。また、発酵させるにも、発芽させてから発酵させています。

あらゆるところで語られていますが、日本の昔ながらの食卓に戻せば、全てがバランス良くなるのです。そこに、今までの”昔ながらの日本の食卓”では紹介されることのなかった、麻の実を追加して下さい。バランスが整います。麻の実は”昔ながらの日本の食卓”の中で紹介されることはありませんが、実際は昔から食べられていたものです。縄文時代の古墳から、麻の実を食べていた痕跡が発見されています。

 

大麻はかつて、日本全国に自生していて江戸時代、穀物以外に重要な収穫源、三草四木(大麻、紅花、藍、桑、楮こうぞ、漆、茶)として親しまれてきており、日常生活に欠かせない植物でした。

 

麻の実はご飯やサラダにまた胡麻和えの胡麻の代わりに。またはそのまま食べても。
ヘンププロテインパウダーはお味噌汁に混ぜたり、お茶に混ぜたり、ご飯を炊く際に入れても構いません。他のプロテインに比べクセもなく、きな粉のような香りで日本人にはなじみやすいのではないでしょうか。

 

●有機ヘンププロテインパウダー500g
これが最もコスパが高いです。オススメ。


●有機ヘンププロテインパウダー1kg
上記のものよりちょっと高いですが、悪くないです。


●麻炭ヘンププロテイン(オススメ!)
麻炭とヘンププロテインが合わさった品。我が家はこれと、上記のプロテインを両方常備しています。麻炭が入ってもコスパは変わらないのでお得感があります。麻炭と合わさっても麻炭の多孔質によってタンパク質が吸着される恐れはないので心配入りません。

☝︎画像クリックで公式ページへ☝︎


 


●有機ヘンプシードナッツ 500g
これもコスパ良し、口コミも良し。


 

☟併せてこちらもどうぞ☟

関連記事

ヘンプはケイ素も含む。3つのヘンプ食品をバランスよく取り入れよう。[caption id="attachment_3551" align="aligncenter" width="1200"] 左から麻炭プロテイン、ヘンプシードナッツ […]

関連記事

ヘンプの服は免疫力を高める。その辺で売っている「麻」はヘンプではないという事実[caption id="attachment_3610" align="aligncenter" width="636"] 元祖ヘンプ衣料GOHEMPのベー[…]

 

Thanks for Reading!

Be Healthy💐

 

☟記事がいいと思ったらシェアしてね☟