brown wooden chair

空間浄化に効く波動の力。生活空間を気持ちよく。

brown wooden chair

鶯茶房の喫茶養生リトリートでは

波動による空間浄化という提案をしていますが、

波動で空間浄化?どういう事?っていう疑問を持つ方、

音楽で空間のセッティングをしたい方に少し、音の波の力をご紹介。

空間浄化に効く波動の力。生活空間を気持ちよく。

purple flowers under orange sky

音の世界の単位にヘルツ/(周波数)という単位があります。

1秒間に何回音の波があるのか?という単位であり

もうちょっと詳しくいうと、

電気振動などの現象が、1秒間当たりに繰り返される回数をいいます

その中で528ヘルツという周波数があり、その528ヘルツは癒しの周波数と言われています。

528ヘルツに癒しの効果があると言われているのは、その528ヘルツの効果で空間の浄化ができるから。ちなみに他にも癒しの周波数はありますが、代表的な癒しの周波数が528です。

室内空間 体内空間も含めて波動の力で空間に癒しを作ります。

波動を使った世界の文化や生活様式

Mt. Fuji

PR

日本

日本には言霊という世界観があります。

言葉に霊魂が宿るという考え方です。太古の時代から受け継がれてきた言霊。

言葉を発するだけで、太古の時代から空間作用に効果があった同じ波動で空間の質を変えることができるんですね。

だから祝いと呪いという文化が伝承されている日本。

濃ゆく怪しい世界に思われがちですが、日本には太古の時代から伝わる祝詞があるんですよ。

インド

brown camel on brown open field during daytime

インドにはヨガという修練方法の中にマントラがあります。マントラで悟りを開くということですが、これも言葉の持つ波動の効果です。

音楽療法も癒しの周波数を使って音楽で癒していきます。

実際にインドでグルクラシステム(師匠と弟子)というシステムで正統なヨガは伝承されています。その中で、師にマントラを学び、そのマントラを大切に自分の霊的な生活を実践していくことで、その実践者の中を浄化していきます。マントラの波動で整えていくということです。

マントラとは日本でいうところの、真言 お経 祝詞といったところでしょうか。

 

 

PR

現代医療

現代社会の日本人には音楽療法という説明が一番わかりやすいかも。

音楽を通して癒しを施していく療法です。

実際に受けたことはありませんが、生活の中で音楽をかけると仕事がはかどったり、子供とパーティーをした時や、カフェ営業で流すと雰囲気が変わります。

 

実際、空間を作る一つの方法として音楽を実感しています。

 

びっくりした音の体験談

僕がインドにヨガの練習で滞在した時に観光で訪れた街があります。ジョードプルという街です。

ラジャスターンという砂漠の地帯で、もうそれはアラビアンナイトのようなお城、メヘラーンガルという名のお城がある街まです。

まーめっちゃ暑いんですが。

そんなお城に友達と訪れてみると、大きな入り口にジプシーの歌い手がバスキングをしています。

ラジャスターンはジプシーで有名な地方で、ジプシーは歌を歌ったり踊りを踊ったりして生計を立てている人たちで、歌や音楽がとても上手なんです。

砂漠や荒野で昔から夜になると焚き火を囲みワイワイしていたのでしょう。

そのお城に訪れた思い出にと、お金を少し払って、歌ってもらうという感じで実際に小銭を渡して歌ってもらいました。

荒野の中にあるアラビアンナイトのような街並み、お城の雰囲気は異国感がすごくいい感じで、

インドのサランギとその独特な歌声で思わず涙が出てしました。

歌声がいいんです。

サランギという手作り楽器がまたいい音で、きれいに倍音が出るように作られていて、その倍音にハモらすように歌を歌ってくれて聴きぼれしまいました。

が、聞いているうちに、目から涙が。

御センチなってしまいましたが、

まーそんなところで涙が出していたら、恥ずかしくなってきたので友達と別れてサッサとお城を見学。

広いお城を歩いくこと20分くらい。

広いお城の中で再会した友達と話していたら、友達も涙が出たみたいで、感動や涙を演出する技法でできているんじゃないか?ということになりました。

やられた!

インドマジックじゃん!

って感じでの体験ですが、

 

音で人の心は変わります。

 

涙が出るぐらいかわる経験から、音の凄さを感じようになりました。

 

まとめ

音を使って生活を豊かにできます。

子育て、仕事、生活に波動を意識てみると生活がグッと変化していきます。

良い言葉、音に包まれて生活しましょう。