variety o cooked food

ビーガンブッフェをやろう。イベントの企画推進のチェックポイントは?

variety o cooked food

ビーガンブッフェとは

菜食のバイキングです。

はい、ではビーガンブッフェをやろうというので進めている計画しているので、イベントの企画推進のちょっとしたポイントをご紹介。

ビーガン料理のパーティーメニューを考えている人、

飲食店を運営している方でイベントやってみたいなーって方にも参考になると思います。

ビーガンビュッフェをやろう

several pineapples at a party

鶯茶房では PLANTBASEDという食のジャンルで食事を提供しているので、ビーガンブッフェ(菜食バイキング)を今までもやっていて,

 

今月もやろうというので企画を立ててることにしました。

という事で、企画の立て方とビーガンブッフェの内容です。

日にちを決める

日にちの決め方は、

鶯茶房の場合は飲食なので、周りのお店の営業日や天気、月の満ち欠けを考えて決めています。

PR

場所

場所を決めよう。

どこかを借りて開催するのか、お店でするのか、イベントに出店するのかで運営についての手順が変わります。

今回はお店でする場合。

場所を決めてしっかりと地図を広告に載せましょう。

知っている人なら来てもらえますが、初めての方にもわかるように案内を出しましょう。

イベントの途中、電話で道案内をする時間が省けます。

場所をしっかり告知せずに、忙しい中電話対応に追われ大変だった事ががありますのでは忘れずに。

メニュー

メニューはブッフェスタイルなので、小さめのポーションで沢山の料理を並べ、テーブルを飾ろう。

メニューを決めたら、紙や黒板にメニューや料理の案内を作ろう。

これがあるのとないのでは大きく見た目た違います。

POP広告ですね。

今回はこんな感じです↓

https://web.facebook.com/uguisusabou/posts/3922525517775346

PR

セッティング 空間づくり

selective focus photography of assorted-color balloons

 

 

ブッフェは普通の営業と違い、大きなお皿に並べ、小さなお皿を各自で持って、セルフで食べ物をとってもらうため提供の仕方が大きく異なります。

ブッフェスタイルの利点は仕込みをして一気に出して、お客さんを沢山対応できるという事です。

普段は各テーブルにメニューを聞きにいく、お皿を運ぶという仕事があるのに対して、ブッフェスタイルは仕込みが大切です。

では箇条書きで簡単に説明していきます。

セッティングの大切なチェックポイント

  • 照明
  • 看板や案内
  • トイレ案内のセッティング
  • テーブル位置のセッティング
  • お皿 フォークやスプーン ゴミ箱や布巾

その他のポイント1

(これはプライベートパーティーには関係ないですね。店舗運営向けのチェックポイント)

商品も作る

メニューで商品を使う

案内をつけて並べておく

できればお土産も用意しよう。

イベントの時は鶯茶房では瓶詰め商品を用意しています。

その他のポイント2

音楽をかけ雰囲気作り

テーブルやソファーなどの装飾に布使い

空気の流れ

トイレにお香

 

 

この箇条書きポイントをチェックしたらスムーズにいきます。

イベント告知/告知をしてみんなに来てもらおう。

black and white wooden welcome signage

まずみんなに知ってもらおう。

という事で

S N Sを使う。

これがポイント↓

SNSマーケティング。

ここはSNSマーケティングの技術により告知の広がりは変わります。

インスタ ツイッター フェイスブック

何より早めに告知を開始。

イベントを定期的に継続する事で、告知した時に反応が出てきます。

 

まとめ

パーティーやイベント事をする時は、段取りが大切。

日時、場所、メニューを決めて告知。

ブッフェなのでイベント仕様のセッティングを。仕込みが大切です。

 

ビーガンブッフェに役立つ良い食材集めてあります。