酵素/寝かせ玄米用の炊飯器はオススメしない。フッ素加工も電磁波も抑えられる圧力鍋と炊飯器保温が理想。

酵素/寝かせ玄米用の炊飯器はオススメしない。フッ素加工も電磁波も抑えられる圧力鍋と炊飯器保温が理想。

酵素/寝かせ玄米に必要な専用炊飯器は電磁波で犯されている?

モデルや芸能人に愛好家の多い酵素/寝かせ玄米。大抵は皆さん、発芽から発酵まで一台でできる、専用の炊飯器を使ってご自身で作って召し上がっている方が多いようです。がしかし、その炊飯器、大丈夫でしょうか?見るからに電磁波が出ていそうで、内釜にフッ素加工も施されているような、、、

 

鶯茶房ライフジャーナルJunことMomiji(@jun-momiji)です。

 

そしてお値段もなかなかするんですよね、7万円から10万円と、IHモデルの圧力が掛かる酵素玄米炊飯器。私はオススメしません。

公に販売されているほとんどの酵素/寝かせ玄米炊飯器はIH対応で電磁波強め、内釜フッ素加工あり

玄米の発芽から発酵まで一つでできる炊飯器で酵素玄米を作るのが、忙しい毎日を過ごす方々には定番のようですが、その炊飯器、大丈夫でしょうか?

 

大半の炊飯器は内釜にフッ素加工が施され、内釜の材質はアルミニウムです。

 

我が家が避けたい調理器具

・フッ素加工(テフロン)
・アルミニウム

避けたい点を思いっきり満たしてくれています。一つで調理の済む酵素/寝かせ玄米用炊飯器は、全体に熱を伝えることのできるIHで圧力のかかる作りになっています。圧力がかかることで玄米が美味しく炊けるのですが、電磁波をバリバリ発されても困り物です。そしてもちろんのことのように、フッ素加工が施されています。

 

 


お越しいただきありがとうございます。このブログはアフィリエイトブログです。ブログ内からお買い物いただけると、私たちに報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。いつもサポートありがとうございます!


 

炊飯器には大きく分けて二つのタイプ、マイコンとIHがある。電磁波が気になる場合はマイコンを。

 

マイコン=炊飯器の底に設置されたヒーターの熱でお米を炊き上げる
IH=釜そのものを発熱させ全体に熱を伝えてお米を炊き上げる

 

PR

マイコンは旧式、IHは最新式。値段もそれに応じている。

マイコンは昔からある炊飯器と同じ容量でお米を炊きあげるため、IHに比べ電磁波被害が少ないようです。IHは新しいモデルに多く、全体に熱が伝わるので美味しく炊けるというのが謳い文句の商品です。お値段も旧式マイコンの方が断然お安くなります。マイコンの欠点としては底からの熱のみなので炊きムラができることがあるようです。

 

マイコンならフッ素コーティング、フッ素を避けるとIH

調べてみました。酵素/寝かせ玄米を炊飯から発酵まで一台でこなせる炊飯器に使用について。すると電磁波を気にしてマイコンだと、内釜はフッ素コーティングになり、フッ素コーティングを避けたいとなると、IH仕様になってしまうのです。しかし、一台だけ見つけました。これなら良いかも!という一台でこなせる炊飯器を。最後に紹介しますね。

 

PR

酵素/寝かせ玄米を作る際に選ぶポイント

・大きさ(発酵に丸3日かかるので一度にたくさん作れた方が便利)
・電磁波
・フッ素加工の有無
・アルミよりステンレス

上記の条件を全て満たす炊飯器を探すのは非常に困難です。多少妥協することも必要かもしれません。それでも、これなら完璧!というセットは最後に紹介いたします。

 

通常酵素/寝かせ玄米を作るには、これが必要。

stainless steel cooking pot on stove
美味しく炊くなら、やはり圧力鍋は必須です。
・圧力鍋
・炊飯器の保温機能

 

この2点が必要です。そこが一台で済むので酵素/寝かせ玄米用炊飯器が人気なわけですが、高いですし、作れる量が少量になるのであまりオススメしません。炊飯器で炊飯してそのまま保温でも可能ですが、やはり玄米は圧力をかけて炊いた方が美味しく仕上がります。炊飯器によっては「玄米モード」があり、使ったことがありますが、やはり鍋で炊くのと比べると美味しさは半減です。

 

我が家のおすすめする酵素/寝かせ玄米を作るのに安心な道具

white and black rice cooker

・ステンレスの圧力鍋
・大同電鍋

この2台です。圧力鍋でオールステンレスを探すのもなかなか難しいです。大半はアルミが混ざっていますが、大抵は底の部分が多重構造になっていてステンレスでアルミが挟まれている状態ですので、そこまで気にしなくても良いと思います。アルミを挟むことによって熱伝導が良くなるためです。もうすでに圧力鍋をお持ちの方はそちらをお使いください。

そして炊飯器は台湾の大同電鍋。公式サイトでも電磁波、マイクロ波の心配なし。と謳っている上に、

炊飯、蒸し物、煮物

と用途多彩。IHではなく、台湾で古くから使われているボタン一つのタイプなので、ハイテク酵素/寝かせ玄米炊飯器より断然安心ですし、先ほどあげた選ぶポイントである、「大きさ」というところを10合炊きサイズの大きなモデルが多いので満たしてくれています。酵素/寝かせ玄米作りには時間を要しますので、一度にたくさん作れるよう「大きさ」は重要です。

 

我が家が実際に使っているのは

・実家から持ってきた圧力鍋
・マイコン式の炊飯器

を使用しています。実家から持ってきた圧力鍋の詳細は不明です。炊飯器に関しては大同電鍋が欲しいのですが、ここ(カンボジア)では手に入らず、仕方がないのでパナソニックのマイコン式で、フッ素加工がされている炊飯器です。選択肢がなく、この国で売っている炊飯器は基本マイコン式なのは良いのですが、内釜はアルミニウムかフッ素加工の2択しか無いのです。

 

酵素/寝かせ玄米生活にオススメの道具はこちら

最後に、

・電磁波
・フッ素加工

の心配が少なく、美味しく酵素/寝かせ玄米を作れるオススメの圧力鍋、炊飯器に合わせてオーガニックの玄米と小豆を紹介します。とりあえず酵素/寝かせ玄米を試してみたい!という方はパックになってネット販売されているオススメの酵素/寝かせ玄米も併せて紹介しますので、ぜひお試しください。虜になること、間違いなし。家族が玄米を食べてくれない!そんな方に特にオススメです。

 

1番のおすすめは、

圧力鍋+大同電鍋
です。

オススメの圧力鍋

圧力鍋に関しては、何台か使ったことがありますが、安いものは底が薄く焦げやすいので注意してください。底が多重構造になっているものの方が、焦げ付きにくく使い勝手がいいです。

●ドイツ フィスラー社の圧力鍋4.5L 玄米5合(1万円代)

●ワンダーシェフ 圧力鍋5L 玄米5合(1万円代)

オススメの炊飯器

●台湾 大同電鍋6合(1万円代〜)
一台で、「炊く、蒸す、煮る」ができる台湾の大同電鍋。電磁波、マイクロ波の心配も無い安心の炊飯器。使い勝手も良く、愛用家の方々は絶賛するもの。内釜もステンレスです。カラーも色々あってレトロな感じが可愛いのもいいところ。10合サイズもあります。我が家にも欲しい。

 

 

1台で済ませたい!そんな方にはこちらがオススメ

この「なでしこ健康生活」は、マイコン式炊飯器で、電磁波はIHモデルの炊飯器に比べ約1/133
参考:発芽・酵素玄米炊飯器ナビ


内釜も外側はフッ素コーティングですが、内釜の内側はダイヤモンドコーティングです。ととても優秀なのですが、小さい。玄米は4合までしか対応していないので家族分賄うのは難しいかと思われます。ひとり暮らしやカップルにはちょうどいいかもしれません。

● なでしこ健康生活4合(6万円代)

⚠️圧力鍋+大同電鍋なら大きさもあって、この炊飯器の半額で揃えることが可能です。

玄米と小豆

●岡山県産 自然栽培で在来種の朝日米 玄米5kg

●北海道産 無農薬、無化学肥料栽培 小豆1kg

とりあえず食べてみたい!という方にはこちらがオススメ

●酵素玄米
常温パックになっているので温め直してすぐに食べられる便利なレトルトです。玄米の味には必ず飽きてきますから、酵素玄米は必須です。ご自身で作れる方は是非、作っておくことをお勧めしますが、七号食のためだけなら、好きな時に食べられるし、購入してしまうのもいいでしょう。10日間全日を酵素玄米で過ごすと玄米よりもデトックス力はあるかもしれません。玄米が苦手な方にも、お赤飯のようにモチモチでとても美味しいので大変おすすめです。

米:大分県産残留農薬ゼロの発芽玄米 小豆:北海道産 塩:大分県産

 


●長岡式酵素玄米冷凍パック
長岡式酵素玄米とは、元祖酵素玄米でしょうか。長岡式から酵素玄米は広まったと言われています。無農薬の奈良、京都産の玄米に北海道産の小豆、長岡式専用のサンナトリウムと呼ばれる塩で炊き、3日以上寝かせてできた酵素玄米です。こちらは冷凍です。

米:奈良、京都産無農薬玄米 小豆:北海道産 塩:サンナトリウム
酵素/寝かせ玄米はアミノ酸の一種であるGABAが豊富になります。ぜひ、酵素玄米を生活に取り入れてみてくださいね。
Thanks for Reading!
Be Healthy💐
☟ 気に入ったらシェアしてね♪ ☟

 

お米を炊くのはもちろん、料理もお茶もコーヒーも、おいしい水あってこそ。
お酒も美味しい水が命。水選びは大切です。

👇宅配サービスシェアはNO1の非加熱処理ミネラルウォーターサーバー👇

非加熱処理だから溶存酸素の量が減少していない

加熱処理をすると溶存酸素が減り味が落ちるのです。

溶存酸素とは水の中にどれだけ酸素が溶け込んでいるかということです。